素敵住まいの裏技「すまいる館」目次
素敵すまいる館~お部屋空間が快適になるアイデアを満載~ Adobe Readerダウンロードはこちらから
お困りキーワードでお役立ち情報を検索

一度着た服の管理法

(from 300号)
節電や省エネが叫ばれている昨今、洗濯回数を減らすのもその一つかもしれません(^o^;)。特に秋から冬にかけての衣類は、何度か着てから洗濯、という方も多いのではないでしょうか。
しかし、洗っていない服と洗濯済みの服とを一緒に収納するわけにはいかず、ソファや椅子の上などに積み重なってしまうとインテリアも台無し!
今回は、見た目すっきり!一度着た服の上手な管理法をご紹介します。

一度着た服の管理法
ラダーラックで見た目もオシャレ
壁に収納スペースをつくってくれるラダーラック。お部屋にちょっとしたアクセントを与え、オシャレなディスプレイ収納が可能です。天井に突っ張って設置するので安定感が抜群。衣類だけでなく、かばんや帽子などを一緒に収納するなど、アイデア次第でオシャレな部屋が演出できます。
ポールハンガーやスラックスハンガーでスッキリ
移動しやすく、置き場所を選ばないのが、ポールハンガーやスラックスハンガーです。ポールハンガーは色、素材など様々なタイプがあるのでお部屋のイメージに応じて、好きなものを選びましょう。また、スラックスハンガーラックは、10~20本掛けや、折りたたみ式があるので、コンパクトで重宝します。
クローゼットにドアフックを活用
一度着た服をすぐにクローゼットにしまうのは何となくいやな感じがして、気が付いたら、クローゼットの扉を開けて、そこにハンガーを引っかけ服を吊るし、扉の開け閉めがしにくいという経験があるのではないでしょうか?そうなると「お部屋のおしゃれ」どころの話しではありません。そんな方におすすめなのが、ドアフック。フックは、2、3個ついているものもあり便利です。色や柄を工夫した洋服カバーや布地をかけるなどのアイデアも!
お気に入りのかごにまとめて収納
冬物衣類でセーターやスエット類などシワになりにくいものは、たたんでかごの中に入れておくといいでしょう。かごは、いろいろな種類があるので、お部屋のインテリアに合わせて選んでみましょう。ふた付きのかごはホコリも被らず衣類の目隠しにもなります。シワになりやすいものはポールハンガー、シワになりにくいものはかごと使い分けるのもおすすめです。
この記事に興味を持たれた方は、以下の記事も参考にされてください。





福岡の地主さんからもご満足の声を多数頂いております。
建てるなら 借りるなら

このページのトップへ