素敵住まいの裏技「すまいる館」目次
素敵すまいる館~お部屋空間が快適になるアイデアを満載~ Adobe Readerダウンロードはこちらから
お困りキーワードでお役立ち情報を検索

自分だけの間取りをつくる

(from 198号)
近年、永く住み続けたいマンションのひとつとして関心を高めているのが、ライフスタイルに合わせて自由に間取りが変更できる可変プランを取り入れたタイプ。
今回は具体的な可変プランのアイデアと、その魅力をご紹介します。

人気の高い可変プラン
賃貸マンションに住む場合、ふつうはあらかじめ決まった間取りを変えることはできません。しかし子どもが成長すれば必要な空間の広さも変わってくるように、ライフスタイルの変化によってそれまでの間取りに不自由が生じてくるのはよくあること。
時代とともに、そうした生活の変化に柔軟に対応できる住宅が関心を高めています。
例えば子どもが小さいうちは両親と一緒の居室でも構いませんが、小学生くらいからは子どもふたりでひと部屋を使わせるなどすると、一緒に遊んだり、勉強したりして兄弟の絆や社会性、協調性を養うのに役立つと言われています。
また家族の人数や趣味、生活スタイルによって必要な部屋の数や広さも違います。自分らしい、自分だけの空間を自由に自分で実現できるのが、可変プランの最大の魅力です。
自分流間取りのアイデア
オープンスタイルプラン
リビングと洋室を仕切る引き込みドアを収納すれば、開放感あふれるゆとりのリビングが実現。友人知人を招いてのホームパーティーも余裕で開けます。
おしゃれな住まい方が得意な若いカップルや高い嗜好やステータスを実現することのできる熟年カップル等に特に大きな人気があります。
オリジナルスタイルプラン
オープンスタイルの開放感を残しながら、スクリーンボードなどで部屋の一部を間仕切ると、あこがれの書斎やパソコンルームやクロゼットルームなど、自分だけの満足空間をつくり出すことができます。 「賃貸は画一的だ」との言葉は過去のものとなりました。
個室重視プラン
子どもが成長して個室が必要になった場合には、2ヵ所にドアを設けた部屋を2段ベットや収納家具等で仕切れば、それぞれの個室に。完全な「孤室」にしない事でお互いの様子がわかり、人間関係の育成に効果的な上、将来の再間取り変更にも対応できています。
この記事に興味を持たれた方は、以下の記事も参考にされてください。





福岡の地主さんからもご満足の声を多数頂いております。
建てるなら 借りるなら

このページのトップへ