素敵住まいの裏技「すまいる館」目次
素敵すまいる館~お部屋空間が快適になるアイデアを満載~ Adobe Readerダウンロードはこちらから
お困りキーワードでお役立ち情報を検索

マンションでのガーデニング

(from 173号)
高層階では風が強いため、草丈の低いものを選びましょう。土が風で飛ばされることもあるので、こまめに土を補充します。
ベランダでなくても、1日に2~3時間、日が当たる窓辺なら、十分植物を育てられます。ただ、人がいる時といない時では部屋の温度が違いますから、温度差に強い植物、たとえば、トケイソウやジャスミンなどを選ぶといいでしょう。

◎植物選びで悪条件をクリア
植物を育てるには、やはり手入れが必要。養分や水は人の手でどうにかケアできますが、日光や温度は、育てる場所で異なります。限られた時間しか日が当たらない場所で育てるわけですから、植物選びが大切です。
1日3時間ほどの日照があれば、コンテナガーデンは育てられます。日が当たらない場合は、できるだけ日の当たる方へ移動させます。北側のベランダなどでは、アイビーなどのシダ類アジアンタムなど強い光を好まない植物にするといいでしょう。

西向きのベランダは、強い西日がさし、植物が葉焼けや乾燥を起こしやすい場所。対策としては、よしずや遮光ネットなどで日よけをすること。コンクリートのベランダでは床面の熱によって植物が弱ることもあるので、ウッドパネルなどをひこのもいい方法です。アサガオニチニチ草ベコニアなどは、強い日射しの中でも美しい花を咲かせます。
◎空間を利用して狭さを解消
庭のないマンションでは、植木鉢などに花や草木を植えたコンテナガーデンが便利。ひと鉢からでも育てられ、動かしやすいため狭いベランダでも簡単にできます。
限られたスペースを生かすには、飾り方を工夫するといいでしょう。コンテナガーデンは、さまざまな飾り方ができます。たとえば、ハンギングバスケットのように吊るすタイプは、壁や空間をうまく利用できます。手すりがある場合、手すりにかけられるタイプにすれば、高さが出て雰囲気が変ります。
 立体的に植えると、見栄えがよくなるだけでなく、植物への日当りもよくなります。
この記事に興味を持たれた方は、以下の記事も参考にされてください。





福岡の地主さんからもご満足の声を多数頂いております。
建てるなら 借りるなら

このページのトップへ