素敵住まいの裏技「すまいる館」目次
素敵すまいる館~お部屋空間が快適になるアイデアを満載~ Adobe Readerダウンロードはこちらから
お困りキーワードでお役立ち情報を検索

花の生け方
場所に合わせて花を生ける

(from 282号)
前号で要らないものの整理を紹介しましたが、今号では、キレイになったお部屋に花を飾って華やいだ気分で新年度を迎えるため 玄関や出窓など正面、左右から見て美しく見える飾り方とテーブルなど360度全ての方向からきれいに見える基本的な飾り方をご紹介します。


360度すべての方向からきれいに見える「四方見」スタイル  
水を含ませたフローラルフォームをカフェオレボウルに入れ、手のひらで押さえつけ安定させる。 ラナンキュラスを10センチ前後にカットして、中央に1本挿sし、これを基準とします。
フローラルフォームの側面も利用し、他のラナンキュラスを前後左右にバランス良く挿しアウトラインを作ります。 スプレーギクを枝分かれしている根元の部分からカットし、小さめの花をつけたスプレーギクをアウトラインの足りない 部分に挿します。
スプレーギクの大きめの花は中に挿します。 ピットスポラムを切り分け、フローラルフォームが隠れるよう花と花の間を埋めていきます。器をまわし、まんべんなく 花があるように整えたらできあがりです。

花2



            
正面、左右から美しく見える
                          「三方見」スタイル
スカシユリの茎を水の吸い上げがいいよう、斜めにカットし、花器に入る茎の葉を取り除きます。 花瓶の正面を決め花が多く開いているほうを花器に短く挿します。
つぼみが多い方のスカシユリを、花器から出る茎の部分が花器の高さ+直径の1.5倍から2倍にして挿します。 レースフラワー3本は、いろいろな長さにカットして、スカシユリの間を埋めていきます。
3本目のレースフラワーを寝かすように挿します。 ニューサイランを左奥から長めに、もう1本を左手前にやや短く挿してできあがりです。

花2

この記事に興味を持たれた方は、以下の記事も参考にされてください。
  



福岡の地主さんからもご満足の声を多数頂いております。
建てるなら 借りるなら

このページのトップへ