素敵住まいの裏技「すまいる館」目次
素敵すまいる館~お部屋空間が快適になるアイデアを満載~ Adobe Readerダウンロードはこちらから
お困りキーワードでお役立ち情報を検索

「涼」を呼ぶ方法

(from 178号)
梅雨も明け、夏真っ盛り。じっとしていても暑いものですね。
お部屋の風通しをよくし、少しでも快適に過ごしましょう。
今回は、収納のコツをご紹介しましょう。

◎昔の知恵を拝借しましょう
冷房器具が十分でなかった昔、打ち水をする人びとの姿を見かけました。
川や泉のそばが涼しいように、水の上を通る風は冷やされて涼しくなるもの。
打ち水という行為は、理にかなったものだったのです。軒先やベランダで試してみるといいでしょう。
光が入る大きな窓からは、実は熱も一緒に入ってきます。これではどんなにクーラーで冷やしても、なかなか涼しくなりません。熱を遮断するには、すだれやよしずが効果的。それも窓の内側ではなく、外側に置くほうが効果があります。窓から少し離して、軒下にぶらさげましょう。最近はハイカラなデザインがありますから、うまく活用してみてください。
外出先から戻ると、すぐクーラーのスイッチへと走りがちですが、まずはお部屋の暑い空気を外へ出しましょう。それには換気扇が役立ちます。窓を開け、換気を行った後にクーラーを入れましょう。ドライにして湿気をとるだけでも、ずいぶん涼しくなります。
◎涼し気な色でお部屋を演出しましょう
お部屋がなんとなく暑苦しく感じるようだったら、家具の配置を見直しましょう。
大きな家具が風通しを遮っていませんか?背の高い家具や大きめのテーブルはお部屋の隅に置き、背の低い家具でまとめると、すっきりとした印象になります。
テーブルクロスやカーテン、ソファカバーを涼しい色にかえるのも、快適さを演出する方法のひとつ。特に食欲が減退するこれからの季節は、食卓をすっきりとまとめたいもの。青系統のクロスにガラスの器などを用いて、爽やかに演出しましょう。
逆にテーブルクロスやソファカバーを暑苦しく感じるようだったら、思いきってとりはずしましょう。ダニやカビ防止になり、お掃除も楽になります。
この記事に興味を持たれた方は、以下の記事も参考にされてください。





福岡の地主さんからもご満足の声を多数頂いております。
建てるなら 借りるなら

このページのトップへ